別荘の手入れでは草取りや間伐が大事~芝刈り機を使うと効率的~

草刈りや間伐をすることにより別荘で過ごす時間を快適に 草刈りや間伐をすることにより別荘で過ごす時間を快適に

伸び放題の雑草の手入れ~草取り作業について~

草刈り

別荘を持っている人は、久しぶりに訪れた際に雑草が増えていることで悩みます。雑草が生えたままだと、見た目だけでなく様々な問題があるので手入れのために草取りが必要です。

伸びすぎた雑草の草取りを行なうポイント

草取りを行なう際に気をつけることは、根っこを残さないことです。根っこが土の中に残ると、その根っこが生長して数日後には雑草が生えてきます。効率良く草取りをするなら、土を掘り返しながら雑草を引き抜きましょう。土の中で茎が広がる雑草の場合は、慎重に引っ張りながら芋蔓のように引き抜くことが重要です。庭の土が硬い場合は、雨上がりか庭に水を撒いたほうがやりやすいです。土を柔らかくすることで、雑草を引き抜く力も軽減できるので腰に負担をかけずに手入れができます。

鎌を使って雑草の手入れ

草取りする前に準備

草取りの前に別荘の周りにある荷物などを整理します。草取りでは鎌を使うことが多いため、邪魔になるものがあると怪我をする恐れがあります。要らないものがある場合は、きちんと片付けて作業スペースを確保しましょう。

草取り作業

雑草は全て同じ長さではないので、それぞれの長さに合った鎌を使用します。先に長く生長した雑草を刈り取るために、刃渡りの長い鎌を使用してください。次に、短い雑草は刃渡りの短い鎌を使用すると、草取りは安全で確実に行なえるのです。また、鎌は扱いが難しいので、「引く」ようにして草取りを行なうようにしましょう。

草取りした雑草を集める

草取りをした雑草は、すぐに集めて処分してください。放置したままだと雑草がまた地面に根付いたり、雑草の種が落ちたりします。草取り後は、ほうきで一ヵ所に集めてゴミ袋に詰めるようにしましょう。

伸びすぎた雑草の手入れは芝刈り機を使った方が効率的!

別荘の草取りは長時間の作業で、鎌を使うため中腰になる必要があります。そのため、腰に負担をかけてしまうので、別荘を持っている人は手入れの際は芝刈り機を使用しましょう。芝刈り機なら広範囲の雑草を刈れますし、腰に負担をかけないので安心です。

別荘周りの見晴らしを良くしたいなら間伐

別荘の周りに複数の木がある状態では、薄暗いため見晴らしは悪くなります。それを解消するためには、間伐という作業を行ないましょう。

間伐とは

太陽の光が入りやすくなります(造園業者)

多くの木がある状態では、木々は成長できないので間伐を行ないます。間伐は木々が重なっている箇所で、何本かの木を伐採して間引く作業です。これによって木の成長を促すことができます。また、間伐をすることで、太陽の光が入り周りが明るくなります。せっかく別荘に来ていますから、間伐をして太陽の光の多い景色を楽しみましょう。

間伐作業を行なう時は道具を揃えよう

間伐作業は木を切り倒すため、安全に作業を行なうことが重要です。安全に作業を行なうために必要な道具は、クサビと電動のこぎりです。クサビとは三角形かV字型の道具で、木の切れ目を入れた時にその切れ目に挟み込む道具です。挟むことで木を切り倒す時の方向を調節でき、安全な位置に倒すことができます。電動のこぎりは、普通ののこぎりに比べて力を入れずに木を切れます。また、細かい角度調整にも最適で、途中で修正できるので失敗を防げます。

身を守るための道具も揃えておこう

間伐作業に入る前に、何か必要なものってありますか?

間伐作業を行なう際、自身の安全のためにヘルメットや特殊繊維のズボンを着用します。枝も切り落とすので、頭部を守るためにヘルメットは必ず用意してください。また、電動のこぎりは扱いが難しいため、足を傷つける恐れがあります。特殊繊維のズボンなら、万が一電動のこぎりが当たっても怪我を防ぐことが可能です。間伐が必要な木の高さや幹の太さによっては、ユンボやグラップルなどの重機も用意してください。

間伐作業は下準備が必要

別荘の手入れのために、様々な道具や重機が必要になります。間伐に関する知識がないと、何を用意すればいいのか判断できません。電動のこぎりの扱いや木を切り倒すためには技術が必要ですから、不安な人は庭の手入れなどを行なう専門業者に頼みましょう。

TOPボタン