間伐だけでなく芝刈りと草取りも注意が必要

草刈りや間伐をすることにより別荘で過ごす時間を快適に 草刈りや間伐をすることにより別荘で過ごす時間を快適に

芝刈り機の扱い方について知ろう

草刈り機

別荘に生えている雑草は草刈りや芝刈りなどの手入れが大切です。芝刈り機を使用する人は、安全に手入れを行なうために正しい使い方を知っておきましょう。

芝刈り機の使い方

別荘周りの伸びた雑草を、草刈り機を使って手入れしようと考えています。初めて使うのですが、なにか使い方のコツとかありますか?

草刈り機を使用する際は、右から左に振るようにして雑草を刈るようにしてください。左に振った後にそのまま雑草を刈ろうとすると、雑草を巻き込んでしまい上手く操作できません。左に振ったら右に戻してから雑草を刈りましょう。草刈り機は腰の下に吊り下げておけば、腰を低くする必要がないので腰にダメージを与えずに作業ができます。

怪我をしないように使い方に気を付ける

草刈り機は刃が高速で回転しているため、扱いを間違うと大怪我をします。ですから、別荘の手入れの際は、家族を近づけず周りに人がいないか確認してください。また、回転する刃に当たった石が飛んでくる危険があるため、十分に距離を取るように注意しましょう。

間伐で別荘スッキリ~注意しておきたい事~

別荘に生えている木を間伐することで、見晴らしも良く安全に過ごすことができます。ですが、木を切り倒す作業ですから慎重にしてください。初めて手入れを行なうという人は、慣れない作業ですからより一層の注意が必要です。

初心者は特に気を付けたい注意点

木を伐採する時に重要なことは、木の倒れる方向を調節することです。そして、木を切るためのスペースと、倒す方向に十分なスペースがあるか確認します。狭い場所だと電動のこぎりで怪我をする恐れがあり、木を倒すスペースがないと別荘に被害が及ぶ危険性があります。方向とスペースが十分な箇所に倒れるように計算しましょう。また、電動のこぎりを使用する際は、防振手袋を装着します。防振手袋は電動のこぎりの振動を軽減する効果があるため、長時間の手入れには最適です。

TOPボタン